高関健

高関さんのモーツァルトとベートーベン

2013/5/25(土) 14:00~ サントリーホール
日フィル 第650回東京定期演奏会

モーツァルト  交響曲第41番 ハ長調 K.551《ジュピター》
ベートーヴェン 交響曲第3番 変ホ長調 作品55《英雄》

指揮  : 高関 健

モーツァルトとベートーヴェン。どちらも好きでCDをよく聴く。ただ雑誌を見ながらだったり出勤前の着替えの最中だったり、「ながら」でBGMのように聴いていることが多いなぁ、と改めて気がついた。好きという割には聴き方もちっとも真面目じゃないしどう聴いたらよいかわかっていない。

またかつてN響の定期演奏会で遠く3階席から聴いたことがあったが「上手いなぁ、まるでCDを聴いているみたい」と感じたことを思い出した。特にモーツァルトは演奏者の個性が出せるものなのだろうか、またライブ感を感じることができるのだろうか、としばしば疑問を感じる。

ところが何と、今日の演奏会はそんな私でも心を動かされた。

オーケストラの配置はいつもと違って第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが左右に分かれていた。またいつも見えないコントラバスさんが左後ろに見える。そのせいか、全体的に弦の低音がしっかりしていてしまりのある音のように感じた。

モーツァルトはそれに加え自分が聴き慣れたCDより金管の旋律が強調されているようだった。そのことがバッハの管弦楽組曲第3番やヘンデルの水上の音楽を思い出させ、古典的な色合いを強めていたように思う。特に感動したのは第4楽章。ゾクゾクしっぱなしだった。いろんな旋律がそれぞれの楽器群から聞えてきて響きあい、何とも知的で美しく立体的な響きであった。「音の建築物」とパンフレットに記載があったが、今回の演奏を聴いて初めて、なるほど、と思った。今回ばかりは正面の席で聴きたかったなぁ。どんな建築物が浮かび上がったのだろう。

後半のベートーヴェンが始まったとき、確かに楽器編成が巨大化したせいもあろうが、音色が重厚な湿ったドイツの空気にガラリと変わってびっくりした。どうせ「古典」でしょ、とモーツァルトもベートーヴェンも私の中ではイッショクタだったのが、ベートーヴェンってモーツァルトよりすごく新しいんだ、と実感できた。当時の聴衆はベートーヴェンの交響曲を最新の流行音楽として興奮しながら聴いたのだろう。そんな想像ができてうれしくなった。

今日の高関さん+日フィルの指揮と演奏は、細かいところまで考えられてすごく丁寧な印象を受けた。たとえば確かモーツァルトの第1楽章だったか、オーボエの短い旋律にとてもはっきりとした抑揚が付けられていたり。色々な旋律があちこちの楽器から浮き上がって聞えてきたり。その割には最終楽章では気持ちが入って演奏も盛り上がり、ライブ感も得られた。

ソナタ形式とか三部形式とか言われても本を流し読みした程度の知識では、聴いている音楽の理解の足しにはならない。モーツァルトやベートーヴェンの時代の聴衆はそんな知識はなかっただろうし評論家の記事が手に入るわけでもないだろう。聴衆が気持ちよい、わかりやすい、と感じる構成が後から形式として確立してきたのではないか。だから音楽を楽しむ上で形式やら調性についての知識は不要だと信じたい。でも音楽って絵画と違って、楽しむには一定の時間を拘束され、対象に集中することが求められる。その全体の形式を理解することはきっとより深い感動につながるのだろう。一瞬一瞬の音の響きや旋律に感動するだけでなく、もっと深く理解してより強い感動を得たいなあ、と感じた。やっぱり勉強は必要かぁ。

book

|

高関さんのABr8(ブルックナー第8番)

11/13(土) 14:00~ サントリーホール
日フィル 第625回東京定期演奏会

ブルックナー 交響曲第8番 ハ短調 ハース版

指揮 : 高関 健

日フィルのホームページで高関さんのインタビュー記事が掲載され、ブルックナーの「稿」と「版」の問題が語られていた。それらを音楽で聴き分けられない私にとって、ずいぶん難しいことを語る人だ、と今回初めて聴く高関さんについてちょっとネガティブな偏見を持ってしまった。やばいやばい。絵とか音楽ってネームバリューや予備知識で自分の感想が変わってしまうことが多いから。

同様にツイッター(KenTakaseki)でもいろいろと難しいことが語られていた。もう少し理解できるくらいになりたいな。ちなみに「ABr8」は高関さんのツイッターで見つけた略語。

去る9月の定期演奏会で、学生の頃大好きだったプロコフィエフのピアノ協奏曲を初めて生で聴く機会があり、期待して会場に向かったものの自分が期待していた演奏ではなかったため、ずいぶんがっかりして帰ってきた。自分の期待する音が出ればいい演奏で、そうでなければ悪い演奏、と決め付けてしまうのももったいない話だ。今回は大好きなブルックナーの8番だけど、頭を白紙で聴きに行ってみよう。

聴き終わってみて、頭が白紙だったかどうか、それはわからないけど、鳥肌が立つほど感動できた。

1楽章の最初だけ、大丈夫かなぁ、と少し不安になったけど後は素直に楽しむことができた。全楽章通してゆったりとしたテンポは音楽が自分の身体にしみこんでいくように暖かく包んでくれた。各楽章の主題ひとつひとつがとても美しく、とろけてしまった。特に3楽章は美しかった。あのテンポでオーケストラが乱れずしかもごつごつした感じにならないのは不思議な魔術。続く第4楽章出だしの迫力には脳みそまで痺れた。最後も熱くなりすぎず冷静に盛り上がっていく感じがとても好感が持てた。残念なのは最後の拍手。あと2秒、待ってくれ!指揮者がまだ手を下ろしていない!

あれだけ金管楽器が強烈に並んでいるのに弦とのバランスは良く、3楽章だったか、弦は特に微弱な中低音がとても美しかった。高関さんが第3楽章の終わりに左手の親指を立てて"Good!"のサインを出していたのはホルンに向かってか、ワーグナーチューバに向かってか。金管もみんないい音だったな。甘くて優しい音だった。

ティンパニの音は演奏者がいつもと違ったせいなのか、指揮者の指示なのかそれはわからないけど、湿った渋い音だった。自分のなかではヨーロッパ系の音のイメージ。私は今回のブルックナーにはぴったりの音だ、と思ったが、ティンパニファン?の妻はいつもの人の方がいい、と言っていた。ティンパニについては妻とまったく逆の評価となった。

今回は配置も不思議だった。弦は向かって左から第一ヴァイオリン、チェロ、ビオラ、第二ヴァイオリンという並びだった。ヴァイオリンを対向配置するときはいつもチェロは第一ヴァイオリンの隣だったかな?チェロの後ろにコントラバス。いつも向かって左側にいるホルンさんたちは右側。私の席からは良く見えなくなった。正面から聴くと配置の違いがわかるものなのか、私の席からでは残念ながらいまひとつわからない。今回はいつも見ることないコントラバスさんたちの演奏をゆっくり眺めながら曲を楽しむことになった。

とにかく感動。結局自分の中にあった「こういうABr8お願い」という演奏だったからかもしれないけど。音楽なんてまったく客観的な評価なんてないわけで、そんなに客観的になる努力しなくてもまぁいいか、って、最後は思い直す。

不満だったのは1楽章の出だし、最後の拍手、お客さんの少なさ。細かいことはいくつか気がついたけど、指揮者とひとつの楽器みたいになったオーケストラとが気持ちが通じている演奏を聴くと、小さいことばかりだ。練習厳しかったのかな、指揮者とオーケストラが仲が上手くいったのかな、その辺は想像の範囲を出ることはないけど、また知りたくはないけど、指揮者とオーケストラの一体感、って自分にとっては重要な感動のパラメータのひとつではある。

|