西本智実

西本さんのキージェ中尉とチャイコフスキー4番

2015/7/4(土) 18:00~ 横浜みなとみらいホール
日フィル 第309回横浜定期演奏会

プロコフィエフ   組曲《キージェ中尉》 作品60 (語りつき)
チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調 作品36

指揮 : 西本 智実
語り : 音無 美紀子

来週の東京定期には所用で行けないため仕方なく横浜定期に振り替えたが、なんのなんの、とても刺激的な演奏会で大満足だった。

西本さん指揮の演奏は初体験だったが、期待以上だった。

音の切れがいい。バシッ、スパッ、バーン。加えて音がクリアに聴こえる。演奏しているひとりひとりが迷いなく音を出している感じ。「打楽器奏者はみんな、西本さんが好きだと思うよ」とは妻の言葉。息が合っているから音が揃って、音が揃っているからクリアで迫力がある。そう感じた。キージェ中尉の滑稽な感じも4番のスピード感ある迫力も西本流爽快感で満たされた。ビールのCMみたいだけど。指揮者でこんなに音が変わるんだ、って改めて思った。

もうひとつ西本さんがよかったのは、指揮する姿の「男らしさ」か。背が高く手足が長くて立ってるだけでもカッコイイのに指揮している姿がまたカッコイイ。身体全体で音楽を表現していてまるで西本さんの体から音が出ているようだ。ただ今まで慣れ親しんでいるラザレフさん、インキネンさん、山田和樹さんなどと比べて顔が無表情でもったいないなぁ、と思う。4番の2楽章などもっと面白くなるのではないかなぁ。山田さんが振ったらどうなるのだろう。今回は幸運なことにステージの横の席にしていただいたのでいつものように演奏者の熱気や指揮者の表情を感じることができたのはありがたかった。

音無さんの語りもよかった。キージェ中尉のストーリーと音楽がリンクして頭の中に映像が浮かんでくる。語りのときはステージが暗くなる演出も素晴らしい。また語りと演奏のつなぎのタイミングも絶妙で、さすがプロの仕事だ。小学生の音楽の授業みたいだけど、こういう楽しみ方もあるのか。新しい発見でうれしい感動だった。

4番が終わった後の爽快感といったらここしばらく感じたことがないものだった。感動で涙が止まらないとか、背筋がぞくぞくするとか、東京定期で感じるものとはちょっと違う、スッキリ爽やかストレス発散!という気持ちよさだ。

西本さん、東京定期にも来てくれないかな。bar

|