« こばけんさんのシベリウス、ブルックナー7番 | トップページ | しばらく投稿を休止します »

広上さんと小山さんのショパン1番、ブラームス4番

2018/3/10(土) 18:00 横浜みなとみらいホール
日フィル 第335回 横浜定期演奏会

ショパン    ピアノ協奏曲 ホ短調 op.11
ブラームス   交響曲第4番 ホ短調 op.98

指揮  : 広上 淳一
ピアノ : 小山 美稚恵


今回は小山さんのショパンに魅せられた。
 
録音ではいつも小山さんの演奏を聴いている。
聴きなれた音で感動も薄れるかな、と心配したが、
生演奏と録音では受けとる情報量が比べものにならない。

オーケストラに負けない力強い音、
とても繊細で優しい微弱音、
ピアノってこんなに表現力が豊かな楽器なんだな、
と改めて知った。
 
特に第2楽章、第3楽章では、
ピアノとオーケストラがまるで会話をしているように
息もぴったり合っていた。

こういう演奏に巡り合うと、
気持ちが豊かになる。

一方でブラームス。
もやっと感が残る。
思い返せばブラームスの4番では納得できる演奏を聴けたことがないように思う。

第1楽章、第2楽章は何となく音がスカスカな印象を受けた。
もっと厚みと暖かさがある音楽だったように思うけど。
曲冒頭の繊細さが感じられなかったのも残念。

指揮者本人は自分の演奏をどう感じているのかな。
名曲を演奏するのは大変だとも思う。
みんな、自分の中に「これ」という音楽を持っているから。

201803_


|

« こばけんさんのシベリウス、ブルックナー7番 | トップページ | しばらく投稿を休止します »

広上淳一」カテゴリの記事