« 上岡さんと新日本フィルのカルミナ・ブラーナ | トップページ | 世界文化の融合?山田和樹さんと日フィルの東京定期 »

JBL EVEREST 100 (Bluetoothイヤホン)買いました

新しいBluetoothイヤホンを購入しました。
JBL EVEREST 100。

割引含めて、12,000円位だった。

聴き疲れがしない優しい音が気に入っています。よく聴くクラシックもいいですが、ポップスやロック系では押し付け感がない豊かな低音、ジャズ(ピアノトリオ)では楽器のポジションの明確さが気に入って使っています。

ガチャガチャうるさい家電量販店で、自分のスマホにBluetooth接続して聴き比べしました。意外に違いが分かるものです。普段も雑踏や電車内で聴くことが多いので実使用に合った聴き比べだったかも。

第一印象は悪かったんだけど。
雲がかかったように音が引っ込んで聴こえる。耳の装着用部分も、でかくてカッコ悪い。
「この選択はないな」と思い、一度は購入リストから外しました。

デザインがカッコイイと思ったのは、
AUDIO-TECHNICA(①・②)、
ONKYO E300BT(④)。
音もスッキリ透明感があって、期待していた音。今のイヤホンよりずっと「弦」らしく聴こえる。でもブラームスでバイオリンの高音を聴いてみると少し耳障りな気がする。聴き疲れするかな、と思った。微妙な差だけど、16,000円代の①より、12,000円代の②の方が好みの印象。マーラーではトランペットの音が②の方が少し優しい気がする。④も①②と似たような印象。もう少しで②を買うところだった。よく思いとどまったと思う。

⑤の音は③に近く、第一印象はあまり良くなかった。
高価すぎるし、電池持ちが希望に達していないし、リストから外した。
カッコイイのだけど。

最後に④を聴いた後もう一度③を聴いたとき、
周りの音が急に遠くに聴こえて音楽に吸い込まれる気がした。
あー音が優しいなぁ、と感じた。

シャリっとしたカッコイイ音ではないけど、聴き疲れしない。
疲れもあってか、しばし聴き入ってしまった。
音の密閉感が高く、周りの騒音から隔離された感覚もあったからかもしれない。

改めて視聴曲4を聴くと低音もしっかりしており、シャリっとこないけど高音も美しく優しく響いている。
また、いままで聴こえていない音を感じる。

この感覚を信じよう、って思って、③JBL EVEREST 100の購入を決めた。

自宅に帰り、いろんな曲を聴いてみる。
Stingではいままで聴こえていなかった低音が豊かに、でも耳障りでなく響き、
Bill Evansでは、ピアノの音が柔らかく、楽器のポジションが明確になった。

最近集中して音楽を聴くのは電車の中ばかり。

音質の良くないイヤホンを長い間使っていたので、シャンシャンと高音が響く音に慣れてしまっていた自分に気付く。

ホールで聴く臨場感そのもの!とは言えないけど、自然な音に少し近づいたかな、と思う。
そう、イヤホン独特の音からより自然な音に。

1週間使ってみて気になる点は、クラシックなど静かな曲では歩いているときの自分の足の振動がドンドン、ドンドンと聞こえてくる。エスカレーターでは隣を歩く人の足音がきこえてくるし。
密閉感が高いこととのトレードオフかな。

aptXの効果を比較してみたかったのだけど、どのスマホに搭載されているのか、動作しているのか、どの音声コーデック(SBC/AAC/aptX)が使われているのか、が明確にわからず、比較が難しい。
SBCとの差は明確なのは間違いなさそう。

◆選択肢
①AUDIO-TECHNICA ATH-CKR75BT
②AUDIO-TECHNICA ATH-CKR55BT
③JBL EVEREST 100
④ONKYO E300BT
⑤B&O PLAY BeoPlay H5

※現状:
 イヤホン:
1MORE iBFree(古いタイプでaptX非対応?)
1000円位の安価イヤホンとBluetooth子機
DRC-BTN40(SONY)
 音源:Galaxy S7経由のmp3音源

◆お店で試聴した曲
1.ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 第1楽章 冒頭
2.ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 第2楽章 冒頭
3.マーラー 交響曲第5番 第1楽章 冒頭
4.オルフ カルミナ・ブラーナ 冒頭

◆購入後自宅で試聴した曲
・Bill Evans 'Romantic Rhapsody' から’Spring Is Here'
・Sting 'Sacred Love'から'Storen Car'

◆条件
・2万円以下
・連続再生時間:8時間以上
・aptXを体感してみたい
・クラッシック、特に弦楽器が美しく聴こえること
・カナル式イヤホンで、ネックバンド式ではないもの
・音響メーカ製にこだわりたい(音へのこだわりを信じたい)

Photo

|

« 上岡さんと新日本フィルのカルミナ・ブラーナ | トップページ | 世界文化の融合?山田和樹さんと日フィルの東京定期 »

雑記」カテゴリの記事