« 山田和樹さんのマーラーツィクルス、最後の9番 | トップページ | 上岡さんと新日本フィルのカルミナ・ブラーナ »

広上さんのツァラトゥストラなど

2017/7/8(土) 14:00 東京芸術劇場
日フィル 第692回 東京定期演奏会

モーツァルト  歌劇《魔笛》序曲
ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
R.シュトラウス 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》

指揮 : 広上淳一
ピアノ: ジャン=エフラム・バウゼ
管弦楽: 日本フィルハーモニー管弦楽団

広上さんの指揮ってどんなの?と聞かれたら
いままで答えられなかったけど、
今日の演奏は「しゃっきりしてた」って言えそう。
硬質で勢いがあって、元気で。

特に聴きなれている魔笛では、
そのように感じた。
オペラ観たくなった。

ラヴェルもツァラトゥストラも素晴らしかった。

ラヴェルはピアノの音の厚さに感動。
片手だと感じさせないほどの音の広がりと力強さ。
持っている録音ではピアノの音が物足りなくて、
聴いていてつまらない印象だったが
今日の演奏ではそんなことを感じることはなかった。
オーケストラの音も、
もし山田さんが振ったら
この音にはならなかっただろうな、と感じた。
広上さんの音の個性が感じられたことが、
今日の収穫だったかもしれない。

バウゼさんのピアノ、
アンコールで聴かせてくれた
ドビュッシーが印象的だった。
全体的なふわふわ感が、
あーフランス音楽、ドビュッシーだなぁ、
と感じさせてくれる一方で、
旋律は硬質な音で浮き出てきて、
こんな演奏もあるんだなぁ、と。

R.シュトラウスは、
「はっきりしなくてつまらない」と思いつつも、
不思議な和音につい魅了される、
自分にとっては不思議な作曲家。
今日もその感覚を味わうことができた。
テンポの揺らぎも自由自在、
とくにワルツの部分はぐぐっとテンポを落として、
優雅で楽しそうなワルツが目に浮かぶようだった。
私にとってはいい演奏だった。

芸術劇場のホールの音は派手目な印象。
モーツァルトよりは近現代の大曲を聴きたくなる。
座席のクッション、座り心地悪い。
帰りのエスカレーター、混みすぎ。
演奏とは関係ないところで文句が多い。

pen

201707

|

« 山田和樹さんのマーラーツィクルス、最後の9番 | トップページ | 上岡さんと新日本フィルのカルミナ・ブラーナ »

広上淳一」カテゴリの記事