« ラザレフさんのショスタコ-ヴァイオリン協奏曲とグラズノフ5番 | トップページ | アメリカの演奏家とカリフォルニアワインの関係 »

飯守泰次郎さんのシューマン、ブラームス

飯守泰次郎さんのシューマン、ブラームス

2016/12/10(土) 14:00 サントリーホール
日フィル 第686回 東京定期演奏会


湯浅譲二             始源への眼差Ⅲ -オーケストラのための
ブラームス          ヴァイオリンとチェロのための
                          二重協奏曲 ハ短調 op.102
シューマン          交響曲第3番 変ホ長調 op.97《ライン》


指揮       : 飯守 泰次郎
ヴァイオリン   : 千葉 清加
チェロ      : 辻本 玲


今日のプレトーク、広瀬大介さんのお話で演奏会が楽しくなった。
シューマンとブラームスが師弟関係にあったこと、
ブラームスが己の進む道をはっきり持って作曲しているのに対し、
シューマンはいつも迷いがあったこと、
それらの特徴がよく出た演目であること、
シューマンは《ライン》の第1楽章ではベートーベンを意識して作曲しているものの、
第2楽章から先ではその迷いが出て、作風が変化していると感じること、
第4楽章では変ホ長調なのに臨時記号によって変ホ短調になっていること、
ここに何かシューマンの特別な気持ちがありそうに感じること。

そんなことを思い出しながらシューマンを聴いた。

私も《ライン》には「なんか変だなぁ」と感じていて、それが「第1楽章だけ雰囲気違う」ということだと改めて知った。それがシューマンの「迷い」なのだとしたら音楽からそういうことを感じられるのが面白いと思う。絵画を観ていても、画家の苦悩や迷いがある時期の絵って惹きつけられる。

第2楽章から第5楽章までは止まらずに演奏され、オーケストラの緊張感も楽章が進むにつれ、どんどん高まっていくのを感じた。第4楽章から第5楽章が特によかった。音が澄んでいい演奏だったように思う。

ただ、演奏会全体を通して、飯守さんの指揮は好きになれなかった。
ドテドテ感、ゴタゴタ感、そんな擬音語になるかな。
妻は「あー時間の無駄!」「演奏が単調!」とまで、手厳しい。

もしかして、ここ10年くらいで日本のオーケストラって技術的にものすごく進化して、
一部の指揮者はその変化についていけていないのではないか、とも感じた。
ラザレフさんが振ったら、山田さんが振ったら、どんな演奏になるのだろう、とも思った。

ラザレフさんとの違い、という点は、ブラームスですごく感じた。
ラザレフさんの指揮で協奏曲を聴くと、オーケストラが完全に「伴奏」になっていて、
ソリストがスポットライトを浴びているのを感じる。
ラザレフ節もかなり抑えめで、ラザレフさんのソリストに対する敬意を感じる。
なので全体のバランスもすごくいい。

今日のブラームスは、協奏曲ではなく、交響曲のように感じた。
ブラームスの協奏曲はそういう面があるのかもしれないけど、その分を差し引いても、
「みんな俺がまとめるんだ」という飯守さんの声が聞こえてくるようで、
私としてはあまり好きになれなかった。

辻本さんと千葉さんの演奏はお二人の息がぴったり合って、
とても迫力があって、洗練された美しい音だったように感じた。

でも、ソリスト、というよりは飯守さん率いるオーケストラのパートのように感じた。
お二人の「競演」がもっとスポットライトを浴びるような演奏がよかったな。

最後にひとこと。
千葉さんはきれいだった!
衣装もとても美しく、華があった。
辻本さんももう少しおしゃれしてほしかった。それじゃいつもと一緒だよ。
(それは演奏に関係ないか・・)



201612

|

« ラザレフさんのショスタコ-ヴァイオリン協奏曲とグラズノフ5番 | トップページ | アメリカの演奏家とカリフォルニアワインの関係 »

飯守泰次郎」カテゴリの記事