« 清水華澄さんのリヒャルトシュトラウス!そして山田さんのエルガー | トップページ | 鈴木秀美さんのベートーベン! »

キリン・フィルのベートーベンとドヴォルザーク

2016年9月4日(日)14:00
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
キリン・フィルハーモニー管弦楽団オータムコンサート2016

ワーグナー 歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲
ベートーベン 交響曲第1番ハ長調 作品21
ドヴォルザーク 交響曲第8番 作品88

指揮:高山 美佳
キリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリン・フィルの演奏は今回初めて聴かせていただいた。同じように会社勤めをしている人間として、共感し楽しい演奏会だった。プロと違い、普段は別の仕事を持ちながら余暇の時間で練習をして、演奏会を開催できるレベルまで持っていくのは並大抵のことではないのだろう。しかも楽しそうに演奏していらっしゃる姿を拝見し、音楽って楽しむものだよな、と改めて思った。

弦が重厚な音を響かせているのが驚きだった。そのせいか、どちらかというとベートーベンを演奏しているときの方がが私は好みだった。もしかしたら指揮者の高山さんもベートーベン好きなのかな、と思ったりもした。前回のブラームスもなかなか感動的だったと妻から聞いていたこともあり、次の演奏会も選曲含めて楽しみだ。

彩の国さいたま芸術劇場の音楽ホールは初めてで、1階席ど真ん中に座らせてもらった。座席数も少なく小さなホールでアットホームな雰囲気も漂う。サントリーホールほどきらびやかではなく、かといって地味でもなく、心地よい響きだったように感じた。バッハとかモーツァルトとか、小編成オーケストラの演奏も聴いてみたくなった。

パンフレットは生駒さんのFacebookから借用しました。
無断ですみません!

Fb_img_1472963267229

|

« 清水華澄さんのリヒャルトシュトラウス!そして山田さんのエルガー | トップページ | 鈴木秀美さんのベートーベン! »

演奏会日記」カテゴリの記事