« ラザレフさんのショスタコーヴィチ6番 | トップページ | ラザレフさんのショスタコーヴィチ15番を、両陛下とともに。 »

小泉さんのブラームス

2016/6/11(土) 14:00~ サントリーホール
日フィル 第681回東京定期演奏会

シューマン     ≪マンフレッド≫序曲 作品115
ブラームス     ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブラームス     交響曲第2番 ニ長調 作品73

指揮 :     小泉 和裕


初夏の日差しにブラームスの2番は合うと思う。色濃くなった木々の葉のイメージだ。ちょっと楽しみにして来た。

でも今日の演奏は「あれ、いつもの日フィルの音と違うな」と感じた。優しさより金属的、弦の音が硬い印象。

また特にシューマンでは散らかった机の上で仕事をしているような、雑然とした感覚があった。

ブラームスも、もう少し中低音がしっかりして渋めの音が好みだ。今日の演奏もそれなりにいいのかもしれないけど、新鮮な驚き、というのとも、ちょっと違った。

結局、今日の演奏は私に合わなかったのかな。
もしかしたら、インキネンさんや山田さんの音に慣れすぎたか。

考えてみるとインキネンさんも山田さんも、音がとてもキレイでロマンティックな演奏が多いと思っている。私はどちらも大好きな指揮者だが、傾向が近いおふたりが中心に作り上げていく日フィルではオーケストラの音の傾向が偏ったりしないのかな、とちょっと心配になった。私は好きになれなかったけど、今日の小泉さんのような音もあってもいいのかもしれないな、と思う。

私は知らず知らずのうちに、日フィルに求める音、日フィルがブラームスを演奏するときに求める音を持っていて、それに合わないと「よくない演奏」と思っているのかもしれない。音楽って知れば知るほど面白くなるけど、同じように思い込みも激しくなる。よいものをよいと感じる心を持ち続けるのは意外に難しいのかもしれない。

ちなみに妻の感想も面白かった。

「いつもの日フィルの音と違う」というのは同じだったけど、「ヨーロッパのオーケストラみたいな音」と感じたようだ。どちらかというとポジティブな印象。ちなみに妻はインキネンさんと山田さんの音はあまり好きではない。感じ方っていろいろだな、と思う。

chair

Screenshot_20160521084706

|

« ラザレフさんのショスタコーヴィチ6番 | トップページ | ラザレフさんのショスタコーヴィチ15番を、両陛下とともに。 »

小泉和裕」カテゴリの記事