« 山田和樹さんのマーラーツィクルス 第4回 | トップページ | 山田和樹さんのマーラーツィクルス 第6回 »

広上さんの尾高惇忠と《運命》

2016/3/4(土) 14:00~ サントリーホール
日フィル 第678回東京定期演奏会

シューベルト 交響曲第7番 ロ短調 D.759《未完成》
尾高惇忠   ピアノ協奏曲(世界初演)
ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67《運命》

指揮 : 広上 淳一
ピアノ: 野田 清隆

尾高さんのピアノ協奏曲は、自分が日本人であることを強く意識させられた。

第1楽章は「メシアンの香りがする!」と思ったところもあったけど、弦の高音やフルート、ピッコロの音は雅楽を思い起こさせた。マリンバは木造建築や寺院をイメージさせ、ピアノとクラリネットの対話は日本庭園に流れる風の音を表現しているようだ。単純なフレーズの繰り返しも仏教に通ずるものを感じたし、一方でその単純なフレーズが複雑に入り組んでいるのは日本の現代社会の生きにくさをイメージさせられた。

日本民謡の旋律を引用したりしているわけではないのに、これだけ日本を意識させられたのはすごいことだ、と思う。日本人が作る西洋音楽、現代音楽だから、そこに日本を感じられるのはとてもうれしく思う。

決して聴きやすい曲ではないと思う。いわゆる「現代音楽」だ。いくらシューベルトとベートーベンの間に挟んでも、そんなことくらいで簡単に騙されはしない。でも日本人であることを強く意識させられた点はとにかくすごい曲だ、と感じた。

現代音楽は初演された後2度と演奏されない曲がほとんどだという。でもこの曲は再演される機会があることを期待したい。

ストラビンスキーの「春の祭典」もメシアンの「トゥーランガリラ交響曲」も、何度も生の演奏を聴く機会があるのに、なんと《運命》は今回が初めてだ。名曲を生演奏で聴くのはこんなに大変なんだ。

あの重苦しい第1楽章から第3楽章のピチカートを経て第4楽章が始まる、そんな苦悩から歓喜へ、という流れを追って聴いていると、改めて《運命》って名曲なんだなぁ、と思った。あの「ダダダダーン」っていうモチーフが手を変え品を変え全曲にわたりレンガのように構築されていくのを聴いていると、前半に聴いた尾高さんもその点は似ているなぁ、と思った。

3週間前にアマチュアの演奏で《運命》を聴いた妻は、今回の演奏を「躍動感がある演奏だった」と言う。そのアマチュアの演奏も爽快感があって素晴らしいものだったらしいが、演奏によってそれほど印象が変わることを実感できるのも演奏会の楽しみのひとつだと思う。

私は尾高さんの演奏を無事に終えた広上さんとオーケストラがいい意味でも悪い意味でも解放感に浸りながら演奏しているのを感じた。軽く流してなかった?本当はもっといい演奏ができたんじゃない?なんて、訊いてみたくなった。

どの楽章だったか、音にごたごた感を感じたところがあった。弦・管・打がお互いに響きあってなくてそれぞれが勝手に演奏している感じ。何かしっくりこなかったのは残念。

《運命》は「春にぴったりの曲」とも妻は言う。最後には、またがんばろう、って力が湧いてくるから。確かに。また4月から新しい気持ちで頑張ろう。私もそう思う。

《未完成》は爆睡。さすがに演奏中に夢までみたのは初めてだ。これには自分でもビックリ。生演奏で聴くのは3回目か、4回目か。毎回寝てしまう。これって、本当に名曲なんでしょうか。シューベルトさん、ごめんなさい。やっぱりわかりませんでした。

pencil

|

« 山田和樹さんのマーラーツィクルス 第4回 | トップページ | 山田和樹さんのマーラーツィクルス 第6回 »

広上淳一」カテゴリの記事