« 広上さんの尾高惇忠と《運命》 | トップページ | インキネンさんのヴェルディ レクイエム »

山田和樹さんのマーラーツィクルス 第6回

2016/3/26(土) 15:00~ オーチャードホール

武満 徹 ノスタルジア-アンドレイ・タルコフスキーの追憶に-
     (ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための)
     ヴァイオリン: 扇谷 泰朋

マーラー 交響曲第6番 イ短調「悲劇的」

指揮  山田 和樹
管弦楽 日本フィルハーモニー交響楽団

山田さんらしいマーラーだったかな、と思う。丁寧で音がクリア、指揮が難しい曲らしいがそんなことは感じさせず(席が遠くてよく見えてない?)、ゾクゾクさせてもらった。

一番山田さんらしいな、と思ったのは3楽章。旋律を強く弱くテンポも微妙に揺らしながら歌わせて、思わず体が揺れてしまう、そんな山田節、いい。4楽章は全体的にテンポが遅めで、特に始めのテンポは絶望の淵から力をふりしぼって立ち上がる、そんなシーンを思い浮かべるほどゆっくりで、もの凄い迫力を感じた。ハンマーは2回、マーラーの楽譜に忠実にと言うことか。佐渡さんインキネンさんに比べて颯爽感とハンマーによる劇的な印象はあまり受けず、サッパリ感があったかな。最後の爆発音、驚かそうと思ってか、指揮は大きく振らないのね。でもバッチリ決まってた。

比べて1楽章、2楽章はどちらかというと想像していたより軽めな印象。もしかしたら席のせいかもしれないけど。今回はホールの最上階の後ろの壁にへばりついていたのに比べ、前2回はステージの真横だったから。
それにしても山田さんの指揮に従って一体感のある演奏だったなぁ、と思う。特にそう思ったのは1楽章の再現部に入る前、曲が混沌の絶頂になってもそれぞれの楽器がキレイに響き美しかった。さりげなくスゴイ。

全体通して上品で、好みの演奏だったけど、過去2回の演奏ほど感動しなかったのは座席のせいか、演奏のせいか、聴き慣れてしまったせいか。

最後に、今日はホルン、頑張ってたなぁ。山田さんも一番に立たせてたし。目立つところばっかりで、できて当たり前、そんな大変なパートだと思うけど、最後まで緊張感があった。

素敵な演奏をありがとうございました。cherryblossom

|

« 広上さんの尾高惇忠と《運命》 | トップページ | インキネンさんのヴェルディ レクイエム »

山田和樹」カテゴリの記事