« 広上さんのシュトラウス、シューベルト、ベートーベン | トップページ | 山田さんの「フランス」 »

ラザレフさんの「ロシアの魂」~ラフマニノフ

11/12(土) 14:00~ サントリーホール
日フィル 第635回東京定期演奏会

ショパン    ピアノ協奏曲第1番 ホ短調
ラフマニノフ  交響曲第1番 ニ短調

指揮    : アレクサンドル・ラザレフ
ピアノ   : 岡田 博美

情熱的なラザレフさんに釘付けで、他には何も見えなくなった演奏会だった。
来日時の会見でラザレフさんが、ラフマニノフの交響曲1番の良さを伝えてみせる、という内容を熱く語ったと聞いて、そんな大袈裟な、と思ってたけど、予告通りラザレフさんの魔術にはまった。

バタ臭い第1楽章。ロシアの民族音楽を強く感じた。リズムがしっかり刻まれて無骨な感じがしないでもなかったが、ただ美しいだけではない、人間の泥臭さのようなものが伝わってくる。ラザレフさんの迫力も満点で、最初からこんなに盛り上げて全体のバランス大丈夫なの?って心配になった。

さらに情熱的な第4楽章。指揮の途中で心臓を下からつかみあげるような仕草を繰り返すラザレフさん。「もっと音を!魂を!」そう叫んでいるように見える。指揮台から降りてチェロの前までいってこの仕草をしたときはさすがに驚いた。こんなことはかつて見たことがない。ロシアのバタ臭さ、ラフマニノフの情熱、繊細さ、美しい旋律、そんなのが濃縮されて噴出してくるような迫力。この曲に賭けるラザレフさんの熱い思いがビンビン伝わってくる。音のバランスが、とか、楽器の音が、とか、細かいことを考えている場合ではなかった。そういうことを超越してすごい演奏だった。後から冷静に考えると特定の楽器やバランスで気になったところもあったけど、自分は心を揺さぶられる音楽を期待してここに来ているんだ、と改めて思った。最後の一振りは客席に向かって愛嬌を振りまくラザレフさん。演奏後の笑顔が対照的だ。

第2楽章、第3楽章もとてもきれいで自分の持つラフマニノフらしいロマンティックな楽章だったが、印象は少し薄かった。こういう中間の楽章の良さをもう少し感じられるようになりたいものだ。

前半のショパンも自分にとっては素晴らしい演奏だった。各楽章の出だしの緊張感、繊細な弦。第1楽章初めの暗くて重い弦の響きは、風景が頭の中に描かれるほどの表現力を感じた。曇って湿ったワルシャワの重い空気だ。また第2楽章の美しさといったら!控えめで繊細な弦と優しく丁寧なピアノ。ロマンティックではあったけど、甘すぎず、華やかすぎず、大人の男のショパンだったと思う。岡田さんのピアノの音は私は大好きだ。

最初の頃感じた日フィルの弦の物足りなさは最近すっかりなくなったように感じていたが、これはきっと私自身が日フィルの演奏に慣れてしまったからだ、と思っていた。自分を疑っていた。しかし今日の演奏を聴いて、やっぱり日フィルすごいぞ、って少し自分の耳に自信を持った。今日のこの演奏は日フィルならではの演奏だったと思う。素晴らしかった。加えてラザレフさんがとても元気そうでうれしかった。scorpius

|

« 広上さんのシュトラウス、シューベルト、ベートーベン | トップページ | 山田さんの「フランス」 »

アレクサンドル・ラザレフ」カテゴリの記事